あさがお葬儀社紹介センターの相談員日記 - 2014/08

葬儀の相談はあさがお葬儀社紹介センター

2014年08月31日(Sun)▲ページの先頭へ
夏休み最終日。
 8月が今日で終わり、夏休みも今日で終わり。
 ここ数日涼しい日が続いていたせいか、いつもとは少し違う感覚で過ごしています。
 明日から新学期ということで、近所の子どもたちも宿題に追われているのでしょうか、心なしかいつもの日曜日とは違って、周囲がとても静かな気がします。
 夏休みはダラダラ過ごしていた我が家の学生も、明日からはまた規則正しい生活にもどらなければならないのですが、このタイミングでの24時間テレビ。昨夜は一晩中見ていたようで、生活のリズムがすぐに戻るのか心配です。
 そして、私も朝のお弁当作りが無かった分、ゆっくりさせてもらっていましたが、明日からはまた早起きの生活に切り替えです。 

 最近、私の周囲では風邪をひいたりなど、体調を崩している人が多いようです。 
 天気予報では、今週はまた暑さが戻ってくるようなことを言っていたので、皆さまにおかれましては、気温の変化で体調などを崩されませんようお気を付け下さい。


2014年08月25日(Mon)▲ページの先頭へ
試しに相談してみては?
 葬儀の事前相談は、積極的に行ないたいと考える方と、亡くなってもいないのに葬儀について具体的に考えるのは気が引けるのですが、とためらいがある中でご相談される方がいらっしゃいます。

 先日、お身内の病状が急に悪化し、医師から葬儀を考えておいた方がいいと告げられたという方からご相談をいただきました。
 急なことだっただけに、ご相談者は何から考えたらいいのかわからず、まず、センターへご相談されたとのこと。
まず最初に「まだ亡くなっていないのですが、葬儀のことを聞いてもいいんでしょうか」とお話しがはじまりました。
 事前相談をした場合のメリットをお伝えしたあと、ご質問に一つ一つお答えしながら対応させていただいていたのですが、漠然としていた葬儀の流れがつかめてくると、少し声が明るくなり、「一番分からなかったことが理解できました」と、大きな不安が少し解消できたようでした。
 一通りの話しが終わり、最後に、「聞いていなければ、なにも分からないまま、不安がっている間にお葬式が終わってしまっているような事になっていたかもしれませんでした、どうもありがとうございました、相談して良かったです」とおっしゃっていただきました。

 また他のご相談では、本人の要望だからと、ご相談者が簡単に考えられていたことが実はわりと重要な問題で、そのまま知らずに葬儀を行なっていたら親戚との関係が悪くなってしまう可能性があったかもしれないようなことが、事前にご相談をしていただいたおかげで、うまく調整する方向で考えていただく時間を作っていただくことができました。
 幸い、このケースでは、ご対象の方もお元気で、ご自身の葬儀について積極的に話しが出来る状況であったため、よく話し合っていただくようにお伝えさせていただきました。

 葬儀の事前相談は、あらかじめ知っておくことで想定できるトラブルを事前に回避することにつながる可能性があります。
 特に初めて葬儀を出さなければならない状況にある方は、お気持ちのうえで、少しでも心配なことや疑問などがある場合には、それをクリアーにするだけでも肩の荷が少し軽くなるかもしれません。


2014年08月21日(Thu)▲ページの先頭へ
ご葬儀の良し悪しは、葬儀社選びにかかっています。
 最近では、インターネット上でのご葬儀の情報も、一段と喧しくなってきましたが、情報は集まっても、いざどちらの葬儀社さんがこれから執り行うべくご葬儀にふさわしいか、戸惑われる方も多いかと思います。
 
 当センターに寄せられる口コミの中にも、どのような経路で葬儀社さんをお決めになられたのか、思わずこちらが問いただしたくなるような苦情も、時に舞い込んできます。
 ご葬儀に関する調査報告書等でも、施行後半数近くの方から、再度同じ葬儀社さんに依頼したくないという結果が出されているとのこと。

 そんな中で、リピーターの方から「また、お願いします」との、お申し出を受けると、ほっとすると同時に、気を引き締めて行こうと新たなファイトも湧いてきます。

 夏の初め、リピーターの方のご依頼が続く中、6年程前、お父様のご葬儀で賛同葬儀社さんをご紹介以来、今回で5回目のご相談をご希望される方から、メールをいただきました。

 今回のご相談は、奥様のお母様のことで、過去4回とも同じ葬儀社さんの同じ担当者さんにお願いしており、万が一の時は又よろしくとのことでした。
 しかし、ここで困ったことが起きました。
 実はほんの一ヶ月ほど前、当の葬儀社さんはご事情で廃業され、担当者の方も地方にお戻りになられたばかりです。

 事情をお話申し上げ、当の担当者とは何回も立会いでお目にかかり、お仕事ぶりを拝見しておりますので、新たにご紹介する葬儀社の担当者の方も、前の方に匹敵すると思われる方をご紹介できる旨申し上げたところ、「担当者の人となりをご存知でしたら、私共の葬儀社選びの基準も、おおよそご理解いただけるものと思い、安心しております」とのご回答をいただきました。

 ご相談者は新たな葬儀社さんより見積りをお取りになり、ご夫婦でご面談された後、約1ヶ月後にお義母様のご逝去をお迎えになられました。

 通夜前日には、これまで無事滞りなく進行していることのご報告を、さらに葬儀翌日には、お忙しい中、葬儀社のみならず、ご葬儀関係のスタッフ、お一人お一人をねぎらうお言葉と、感謝のお気持ちが綴られたメールをいただきました。
 
 5回目のご葬儀も新たな担当者の手により、無事執り行うことができました。

 後に、前の方を引き継ぐプレッシャーを担当者にお伺いしたところ、それに打ち勝つには、まず全て正面から向かい合うしかありませんと、穏やかな中にも毅然とお話になりました。
 一つひとつのお話をきちんと聞いて、言われたことは忘れないように。
 一つでも聞き漏らしたら、それがクレームになってしまう場合もありますので、いかに集中するかを心掛けているとのこと。

 ご葬儀の良し悪しは葬儀社選びにかかっています。




2014年08月18日(Mon)▲ページの先頭へ
利害関係のない第三者の人のお勧めは説得力があります。
 当センターを利用した理由について、最新のアンケートで、「何件かの口コミ、あるいは個人ブログなどで御社が優れた紹介サイトであるという評判を知ったためです」という記載がありました。

 当センターは安心なところですよ、お任せください、と自らいかに強弁してみたところで、疑いもなくすんなりとそれを信じてくれるものでもありません。利害関係を持たない第三者の人が、勧めてくれるのにはかないません。ありがたいことです。

 そのポイントを少しでも活かそうと、アンケートの中にも、「お知り合いの方などにあさがお葬儀社紹介センターを勧めたいと思いますか」という質問も入れています。
 「機会があれば勧めたい」「ぜひ勧めたい」が多いので、それをホームページ上に載せていると、そうしたものを選んで載せているというふうに思っている方も中にはいます。しかし、掲載許可を得ているものすべてを載せているのが現状です。

 もっとも、過去には、一度だけ、当センターを「勧めたくない」というものがありました。「具体的な葬儀社を紹介するにあたっての基本質問事項に住所地があったのにもかかわらず、別の地域の葬儀社を第一に紹介され、二番目に今回利用した会社が紹介されたこと。紹介順位は利用者にとって大切な決定時の要素で、公平に紹介してほしいと感じた」という感想がありました。
 そのように受け取られてしまった、やり取りのまずさは反省すべき点でした。

 不満がある人は、よほどのことでもない限り、書く手間さえかけてくれないのだと思います。少しぐらいの不満なら書かないということになるかもしれません。1通の不満の背後には、相当数の同じようなことが起こっている可能性があると思わなくてはなりません。

 第三者の人に安心して、さらに当センターを勧めてもらえるように、改善すべき余地はたくさんあると思っています。


2014年08月15日(Fri)▲ページの先頭へ
いつでも行けると思っていても・・。
 お盆の時期です。お盆休みを利用してお墓参りに行かれている方も多いかと思いますが、我が家でもやっとお墓参りに出かける日が決まりました。
 結局、家族の日程が合わず、お盆の時期は外れてしまいますが、主人の父母が眠っている方のお墓参りには行くことになりました。
 都内にあるので、電車で行っても1時間足らずで行けるという気軽さのせいか、いつでも行けるからとなかなか日程の調整をしてくれず・・。結局はお盆とお彼岸くらいしかお参りに行けません。
 
 先週の日曜日からお盆休みに入った友人は、早々に東京を離れ、実家がある秋田県へ帰省。途中、「新幹線に乗ってます〜!お墓参り行ってくるよ〜!」と連絡が入りました。
 つい先日、そんな話しをしていたからでしょう。今年は普段会えない親戚にも会えるから、一緒にお墓参りに行ってくるとのことでした。

 明日・明後日あたりのニュースはどの番組でも恒例のUターンラッシュ情報でしょう。
 田舎から帰ってくる方、田舎へ帰る方は事故などに気をつけて無事にご自宅へお帰りになってください。


2014年08月10日(Sun)▲ページの先頭へ
相性もありますが・・。
 「具体的な準備をする気持ちにはなれませんが、万一の時には紹介していただいた葬儀社さんに連絡させていただきます。」

 お身内の方がとても心配な状況であった時点でのご相談でした。
 葬儀社をご紹介させていただいた後、センターでは、お気持ちが許すのであれば、できれば社の担当者と直接お会いしていただき、担当者の対応面などを見て頂くようにお勧めしているのですが、こちらのご相談者の方は、「具体的な準備までしてしまうのは気が引けるので」と、葬儀社とは事前に直接コンタクトをとらず、携帯に電話番号を登録しておいて、万一の時がきたらその社へ連絡するということだけをお決めになり、その数カ月後、ご紹介した社より、ご葬儀の依頼を承った旨の連絡をいただきました。

 どんなに良いとされる葬儀社でも、合う・合わないという相性などがある中で、ご紹介だけで葬儀社をお決めになるということは、センターを信頼していただいているという自信につながります。

 ご葬儀を終えた後にご協力いただいたアンケートで、「お知り合いの方などにあさがお葬儀社紹介センターを勧めたいと思いますか」との問いに『葬儀のことはなかなか他人が口出ししにくいものですが、不安を抱いている人がいれば勧めます。自分の子どもたちにはいまから伝えておきます。』とお書きいただき、無事に良いご葬儀を行うことが出来たこと安心致しました。


2014年08月06日(Wed)▲ページの先頭へ
一番の不安点は?
 以前、両親や兄弟もない一人暮らしの親戚が亡くなり、警察にご安置されているという状況の中、他県に住む叔父様から葬儀社を紹介してほしいというご相談がありました。
 遠方のため、故人様が住んでいる地域の情報を全く知らない状態でどこの葬儀社に依頼したらいいのか分からず、センターへご相談されたとのことです。

 ご葬儀は故人様のお身体のことを考えて、叔父様がお住まいになっている地域へ搬送することよりも、故人様が住んでいた地元で火葬をしてから菩提寺のお寺で骨葬をすることを選ばれたので、火葬場のある地域に詳しい葬儀社さんをご紹介させていただきました。

 ご相談者は、故人様の地元に知る人も無く、交友関係もわからないということで、全ての手続きを引き受けることになったのですが、遠方ということもあり、なかなか思うように動くことが難しい状況だったことから、葬儀社の担当者が検案書の引き取りや警察からの搬送を全て代行してやってくれることになりました。

 そのことをご相談者へお伝えすると、一番心配されていた事だったそうで、「やっていただけるのは本当に助かります」とおっしゃっていました。

 ご葬儀は、ご相談者やご本人の様々な状況により、心配していること、困っていることも様々ですが、その部分をフォローしてくれる葬儀社さんや担当者に出会えることが一番の安心につながるのではないかと思います。
 ご相談者の状況を把握したうえで、かゆいところに手が届くような対応ができる葬儀社さんは、やはり、葬儀後のアンケートでも高い評価をいただいています。

 私たちも、更にその上を行くような対応を心がけたいと思っています。
 


2014年08月04日(Mon)▲ページの先頭へ
ご注意いただいたこと。
 ご葬儀の立会いにお伺いしたり、ご葬儀後にお願いしておりますアンケートでは、ご相談者からお褒めのお言葉をいただき、恐縮しておりますが、時にアクシデントが起きたり、ご注意をいただく場面もございます。
  
 急なことで、途方に暮れている時、親身になってご相談に乗ってくれ助かりましたとのご報告に思わず胸を撫で下ろしますが、時に葬儀社の担当者として良かれとしたことが、思わぬ方向にいってしまうこともあり、ご紹介した当方も最後まで気が抜けません。

 以前、横浜での大型のご葬儀の際、着々と祭壇が設営され、数多くの供花が整然と並べられ、しめやかに通夜の読経が始まって間もなく、静寂の中ガタッという音と共に屏風の端が突然傾き、前の供花にあたり、お花が少し傾いたことがありました。
 
 一瞬の出来事に葬儀関係者は青ざめましたが、それ以上のことはなく、式はそのまま続行し、終了後元通りに直されましたが、ご喪家始め、関係者の皆様には多大なご迷惑をお掛けしたことには間違いございません。

 さらに、傾いた供花はお身内に不幸が続いた方からのものとご相談者から伺い、翌朝担当者は祭壇製作者と共に、供花をいただいたお宅にお詫びにお伺いして、ご理解をいただき、無事ご葬儀を終えることができました。

 当初、大変ご立腹のご様子だったご相談者も、担当者の率直なお詫びと迅速な対応に動かされ、後日、故郷でのご葬儀も手伝ってほしいとのご連絡をいただく程に、お互いの信頼を回復されたとのこと。
 担当者がお花を持って馳せ参じたことはいうまでもありません。

 どんなに素晴らしいご葬儀であっても、一瞬の気のゆるみで、全てが覆されてしまうことを実感した出来事でした。

 また、最初のご相談から何年かぶりにご連絡をいただいたご葬儀では、ご相談者から担当者の適切なアドバイスや細やかな気配りに感謝のお言葉をいただきましたが、一つだけ遠慮がちにお話されたことがございました。

 
 100歳を越すご長寿の方でしたが、ご逝去4日後にラストメイクがほどこされたお顔はご相談者のお母様のイメージとは大分かけ離れてしまい、大変戸惑われたご様子をお話いただきました。
 
 担当者に伺うと、ご逝去後少し時間が経ち、お顔が黒ずんできたのでメイキャップアーチストにラストメイクをお願いされたとのこと。
 「よりきれいに」を意識されたメイクよりも、いつものお母様のお顔でお別れがしたかった。
 たかがメイク、されどメイクです。
 小さなことのようですが、大きな問題だと思います。
 ご遺族の心情を察して、より心のこもった対応の必要性を感じたご葬儀でした。







   




カレンダ
2014年8月
         
           

アーカイブ
2006年 (91)
4月 (10)
5月 (10)
6月 (10)
7月 (11)
8月 (10)
9月 (10)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (10)
2007年 (123)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (10)
4月 (10)
5月 (11)
6月 (10)
7月 (11)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (10)
2008年 (122)
1月 (10)
2月 (9)
3月 (10)
4月 (10)
5月 (11)
6月 (11)
7月 (10)
8月 (11)
9月 (10)
10月 (9)
11月 (10)
12月 (11)
2009年 (108)
1月 (9)
2月 (9)
3月 (9)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (9)
7月 (9)
8月 (9)
9月 (9)
10月 (9)
11月 (9)
12月 (9)
2010年 (107)
1月 (9)
2月 (8)
3月 (9)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (9)
7月 (9)
8月 (9)
9月 (9)
10月 (9)
11月 (9)
12月 (9)
2011年 (107)
1月 (9)
2月 (9)
3月 (9)
4月 (8)
5月 (9)
6月 (9)
7月 (9)
8月 (9)
9月 (9)
10月 (9)
11月 (9)
12月 (9)
2012年 (106)
1月 (9)
2月 (9)
3月 (9)
4月 (8)
5月 (10)
6月 (8)
7月 (10)
8月 (8)
9月 (8)
10月 (9)
11月 (9)
12月 (9)
2013年 (107)
1月 (9)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (9)
7月 (9)
8月 (9)
9月 (9)
10月 (8)
11月 (9)
12月 (9)
2014年 (106)
1月 (9)
2月 (9)
3月 (8)
4月 (10)
5月 (9)
6月 (9)
7月 (9)
8月 (8)
9月 (9)
10月 (9)
11月 (8)
12月 (9)
2015年 (102)
1月 (8)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (8)
6月 (9)
7月 (9)
8月 (8)
9月 (8)
10月 (9)
11月 (7)
12月 (9)
2016年 (95)
1月 (9)
2月 (9)
3月 (8)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (9)
7月 (9)
8月 (9)
9月 (9)
10月 (9)
11月 (6)

アクセスカウンタ
今日:262
昨日:1,513
累計:2,923,210